aunnys.com

観光地としてのオランダの魅力

観光地としてのオランダの魅力 オランダは、戦国時代末期から日本と交流が始まり、鎖国時代を通じて、貿易をしてきました。長崎県にはオランダの街を模したテーマパークがあったりして、なじみが深い国の一つです。風車と運河のイメージがありますが、それ以外にも見所がいっぱいの国です。風車に関して言えば、キンデルダイク=エルスハウトの風車群が有名です。19基の風車が立ち並び、昔ながらの田園風景を残しています。また、運河の街であることも忘れることはできません。アムステルダムなどで運河巡りができます。

オランダと言えばチューリップもあります。チューリップが咲き誇るのがキューケンホフ公園です。ただ、日本と開花の時期が違うので、旅行する時期を考えておく必要があります。また、芸術家もたくさん輩出されていて、レンブラントやだまし絵で有名なエッシャー、ゴッホ、フェルメールといった有名な画家の作品を収蔵している美術館もあります。グルメとしては、乳製品、特にチーズが真っ先に頭に浮かびます。ゴーダチーズやエダムチーズなどが有名です。それからコロッケの元祖的なクロケットという食べ物もあります、また、北海に面していることもあり、ニシンなどの魚料理も有名です。

Copyright (C)2014観光地としてのオランダの魅力.All rights reserved.